予備校などで受験対策

医学部受験を考えているのであれば、家庭教師だけでなく医学部で学びたいことに特化している医学部予備校も視野に入れて受験対策をするのがいいでしょう。

予備校と家庭教師の違うところ

予備校の特徴

予備校の特徴は、基本的に集団指導で周りの生徒と競争しながら学ぶことができます。1年間に行うカリキュラムは決まっており、基礎的な学習はできている前提になっているのでハイレベルな演習を中心に学習していきます。

家庭教師の特徴

家庭教師の特徴は、マンツーマン指導なので自分のペースで学習できるところです。一人ひとりに合わせたカリキュラムによって学ぶことができるので、苦手分野を集中的に対策することが可能です。

医学部受験をするなら医学部予備校へ

医学部受験をするなら効率よく学ぶことができる医学部予備校に通うのがいいでしょう。医学部予備校は医学部受験に関しての情報量も多く、合格に特化したサポート体制が充実しているからです。

医学部予備校で効率良く学習~医学部受験に挑む前準備~

メンズ

医学部受験は、定員100名程度の枠を3000人から4000人程度の受験生が合格を勝ち取るために争います。試験に向けてどんなに長い期間勉強したとしても、たった60分の試験時間で結果が出てしまうのです。このように合格を勝ち取ることが簡単でない医学部受験では、本番で合格につながる力が必要になってくるのです。合格するには失敗しても合格するだけの学力も必要になります。

難関である医学部受験に合格するには、より的確な対策をとらなければなりません。医学部受験というと他の大学受験と比べてなにか特殊な勉強をしなければならないと考えてしまうこともありますが、実は難しい問題を解くという対策よりも他の難関大学と同じように基礎知識や定理、公式の本質的理解をしっかり行う対策をすることが大切です。これらの習得と使いこなしの質の高さを上げることが、医学部受験の対策につながります。

婦人

評判の良い医学部予備校を数多く紹介中♪

医学部受験について気になること

男性と女性

医学部予備校の学費の相場はどれくらいですか?

医学部予備校の学費の相場は、選抜クラスで学ぶケースと一般クラスで学ぶケースとでは相場が異なります。選抜クラスの相場は100~200万円で一般クラスの相場は300~600万円くらいです。

英語が苦手でも医学部受験ができますか?

医学部は競争率が激しいので、一般試験やセンター試験の合格ラインが高めに設定されています。もし英語が苦手であるならば、最低でも合格ラインに届くように予備校などに通って対策することが大切です。

国公立大学医学部に合格するにはどのような勉強をすればよいですか?

国公立大学医学部に合格するためには、センター試験も2次試験もバランスよく点数をとらなければならないので、苦手科目を重点的に勉強するのがいいでしょう。

医学部は浪人すると合格するのが難しくなりますか?

国公立大だと現役の合格者数は60%ですが、私立大であれば現役の合格者数が36%なので、浪人の合格者数が大きく上回っています。浪人合格で最も多いのが1浪です。2浪、3浪の合格者も珍しくないですが、合格率が大幅に下がってしまうので、なるべく1浪で合格できるようにしましょう。

医学部に合格した男女比の割合はどれくらいですか?

医学部合格者の割合は、国公立や私立を合わせて女性の合格者の割合は50%を超えています。大学分類別の女性合格者の割合は、国立で55%、公立で48%、私立で41%となっています。

大阪で医学部予備校を利用しよう!